海辺にただようエトセトラ

音楽や映画、本の感想をつらつらと。

なぜ君は総理大臣になれないのか

f:id:sunnybeach-boi-3210:20200718235635j:plain

2019年の国会で不正会計疑惑を質す姿が注目を集めた政治家の小川淳也を17年にわたり追いかけたドキュメンタリー。2003年、当時32歳で民主党から衆議院選挙に初出馬した小川は、その時は落選するも、05年の衆議院選挙において比例復活で初当選。09年に政権交代が起こると「日本の政治は変わる」と目を輝かせる。しかし、いかに気高い政治思想があろうとも、党利党益に貢献しないと出世はできないのが現実で、敗者復活の比例当選を繰り返していたことからも発言権が弱く、権力への欲望が足りない小川は、家族からも「政治家に向いていないのでは」と言われてしまう。17年の総選挙では希望の党に合流した前原誠司の側近として翻弄され、小池百合子代表への不信感から無所属での出馬も考えた小川だったが、前原や地元の盟友・玉木雄一郎への仁義というジレンマに悩まされ、背水の陣で総選挙にのぞむ。映画では「シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録」「園子温という生きもの」、テレビでは「情熱大陸」「ザ・ノンフィクション」など、数多くのドキュメンタリーを手がけてきた大島新監督が、17年間追い続けた小川の姿を通して、日本政治の未来を問いかけていく。(https://eiga.com/movie/92664/より)

9.8/10.0

「社会が危うい空気をまとうほど、同時代のドキュメンタリー(映画)は面白くなる」と森達也が言っていた気がするが、確かに今年はドキュメンタリー映画が大豊作ではないだろうか。
本作は、国会答弁でキレのある弁舌を振るい、にわかに注目を集めている小川淳也の国会議員としての17年間を、彼と同郷の映像作家である大島新が追いかけた軌跡だ。

小川は常に快活な雰囲気をまとい、誰とでも爽やかな笑顔で話す。本作を観れば多くの人が「彼が自分の選挙区にいればなぁ」と感じるに違いない。

しかし、彼の議員としての17年間は決して順風満帆ではなかった。

5回の議員当選のうち、小選挙区での勝利は1回のみで、ほとんどは比例復活。比例当選の議員は党内での力が弱く、出世しづらい。*1
党内で力を得るためには選挙で勝たなねばならないが、小川の最大のライバルは地元メディアの四国新聞の社長を兄弟に持ち、3世議員である自民党議員で、正直部が悪い(それでも毎度善戦している)。

泥臭く、かつ懸命に政治活動を行う小川をカメラは捉え続ける。17年ものあいだ撮りためたテープを使えば、彼の華やかな部分を切り出したドラマを作り出すこともできたであろうに、本作は小川の最も辛い選挙活動となったであろう2017年に尺の大半を使っている。

当時は、結成当初から指針がブレにブレていた民進党が、「勝馬に乗らん」とばかりに思想を異にするはずの小池百合子率いる希望の党と合流を画策。
小川が辛いのが、自身が右腕を務めていた前原誠司が希望との合流を指揮したところだ。前原と対立する枝野が率いる立憲民主党に入るわけにはいかないし、党の公認のないまま無所属で出馬するのもリスクが高い(なんせ小選挙区では苦戦している)。

八方塞がりの状態の小川から爽やかな笑顔は消え、この選挙戦では常に苦悶の表情を浮かべている。
個人的な意見を言えば極右かつ差別主義者と言うべき小池との合流なんて言語道断でしかないが、ここまで悩みながら選挙活動をしている姿を見ると、こちらまで複雑な気持ちになってしまう。
極め付けは街頭での有権者とのやり取り。娘を伴い有権者(おそらく、かつての支持者)と握手をしようとするも

立憲民主党が良かった」

「お前安保に反対してたのに裏切ったな」

と言われ、握手は拒否される。*2
引きつった笑みで「(ご指導)ありがとうございます」と頭を下げる本人以上に、その光景を目の当たりにしている二十歳前後の娘姉妹が気の毒すぎてやり切れない。劇映画でやればあまりにベタで陳腐化しそうなシーンだけども、リアルに起こるととんでもない破壊力を持つ。

そんな苦労続きの選挙結果はすでにご存知の方もいるかと思うが、開票速報を選対事務所で見るシーンは手に汗握るクライマックスだ。

「政治ってのは“51対49”で決まることがほとんど」
「だけどはたから見ると“100対0”で決まったと見えてしまう」
「だからこそ、勝った“51”側は、負けた“49”の思いも汲まなければならない」

映画序盤で語られる小川の言葉はとてもわかりやすく民主主義の根幹を捉えている。「勝てば官軍」と言わんばかりの人間たちに聞かせたい文言だが、この言葉が「希望の党合流」のくだりにつながっている構成も見事だった。

挑戦的なタイトルも、何も小川淳也の政治家の資質を問うものではない。こうした愚直に、誠実に政治と向き合ってきた人物が大きく注目されない日本政治のシステム不順こそが、深刻な問題であることを逆説的に指摘した、鋭いタイトルである。

ドキュメンタリーが面白い年だが、それはこの国の未来が危ういことの証左なのだろうか。この先に光が差すことを願う。

*1:一方自民党は比例で受かった杉田水脈を相当に重用しているが

*2:逆にここまで明確に政治に対して意思表示ができる香川の人の意識は素晴らしいと感じた。