海辺にただようエトセトラ

音楽や映画、本の感想をつらつらと。

37セカンズ

出生時に37秒間呼吸ができなかったために、手足が自由に動かない身体になってしまった女性の自己発見と成長を描き、第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で観客賞とCICAEアートシネマ賞を受賞した人間ドラマ。脳性麻痺の貴田夢馬(ユマ)は、異常なほどに過…

チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)/82년생 김지영

韓国では100万部を超えるベストセラーとなった小説。2018年12月10日に日本語訳版が刊行。 ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかのようなキム・ジヨン。誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児…彼女の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立…

松江哲明のハラスメント問題に思うこと/ごく個人的な決意について

まずはじめに、僕が今まで見た松江哲明の作品は『フラッシュバックメモリーズ3D』と『東京都北区赤羽』(※途中まで鑑賞)、あとは某映画上映時の自主制作作品(2-3分)のみです。従って本投稿は彼の熱心なファンのものではありません。あと長い割に目新しい…

PS4『Death Stranding(デス・ストランディング)』(KOJIMA PRODUCTION/SIE)

『メタルギア』シリーズの生みの親であるゲームクリエイター、小島秀夫が独立し立ち上げた「コジマプロダクション」第1作目のSFゲーム。2019年11月8日発売。

パラサイト 半地下の家族/기생충

「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」「スノーピアサー」の監督ポン・ジュノと主演ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞した作品。キム一家は家族全員が失業中で、その日暮らしの貧し…

コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』(早川書房)/Colson Whitehead - Underground Railroad

2017年12月6日に日本語訳出版。 ピュリッツァー賞、全米図書賞、アーサー・C・クラーク賞受賞作アメリカ南部の農園で、苦しい生活を送る奴隷の少女コーラ。あるとき、仲間の少年に誘われて、意を決して逃亡を試みる。地下をひそかに走る鉄道に乗り、ひとに…

家族を想うとき/Sorry We Missed You

「麦の穂をゆらす風」「わたしは、ダニエル・ブレイク」と2度にわたり、カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞した、イギリスの巨匠ケン・ローチ監督作品。現代が抱えるさまざまな労働問題に直面しながら、力強く生きるある家族の姿が描かれる。イギリ…

マリッジ・ストーリー/Marriage Story

「イカとクジラ」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」のノア・バームバック監督が、スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーを主演に迎えて描いたNetflixオリジナル映画。女優のニコールと夫で舞台演出家のチャーリーが結婚生活に葛藤を抱え、離婚に向…

KREVA『AFTERMIXTAPE』

ラッパー、トラックメーカーであるKREVAの通算8枚目にして初の「ミックステープ」。2019年9月18日リリース。 01. MIX / TAPE02. 敵がいない国03. One feat. JQ from Nulbarich04. S.O.S.が出る前に05. アイソレーター06. リアルドクターK07. 人生08. Don't S…

i 新聞記者ドキュメント

映画「新聞記者」の原案者としても話題を集めた東京新聞社会部記者・望月衣塑子を追った社会派ドキュメンタリー。オウム真理教を題材にした「A」「A2」、佐村河内守を題材にした「FAKE」などを手がけた森達也監督が、新聞記者としての取材活動を展開する望月…

今日の1曲 #10 TWICE『HAPPY HAPPY』(2019年)

韓国を拠点にグローバルで活動する女性グループ、TWICEの日本での4枚目のシングル。2019年7月17日発売。

白取千夏雄『全身編集者』(おおかみ書房・2019)

雑誌『ガロ』の副編集長として知られる白取千夏雄の自伝。自主出版レーベル「おおかみ書房」より2019年5月20日刊行。 伝説の雑誌「ガロ」元副編集長が語り下ろした半生記・半世紀。 師・長井勝一との出会い、「ガロ」編集としての青春、「デジタルガロ」の顛…

the chef cooks me『Feeling』(2019)

the chef cooks meの6年ぶりのフルアルバム。2019年10月2日発売。 01. Now’s the time (New Feeling)02. CP03. 最新世界心心相印 (New Feeling)04. dip out (feat. imai)05. Evening06. Salad Dayz (feat. YeYe)07. AMBIVALENT (feat. Nick Moon)08. 浮世09.…

イエスタデイ/YESTERDAY

「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督と「ラブ・アクチュアリー」の脚本家リチャード・カーティスがタッグを組み、「ザ・ビートルズ」の名曲の数々に乗せて描くコメディドラマ。イギリスの小さな海辺の町で暮らすシ…

宮本から君へ(映画・2019年)

テレビドラマ化もされた新井英樹の人気漫画を池松壮亮主演、 ヒロイン役を蒼井優のキャストで実写映画化。「ディストラクションベイビーズ」の真利子哲也監督がメガホンをとった。超不器用人間ながら誰よりも正義感の強い宮本浩は、文具メーカーで営業マンと…

ブラインドスポッティング/Blindspotting

オークランドで生まれ育った親友同士の2人の青年の姿を通し、人種の違う者や貧富の差がある者が混在することによって起こる問題を描いたドラマ。保護観察期間の残り3日間を無事に乗り切らなければならない黒人青年コリンと、幼なじみで問題児の白人青年マイ…

今村昌弘『屍人荘の殺人』(創元社文庫)

*第1位『このミステリーがすごい! 2018年版』国内編 *第1位〈週刊文春〉2017年ミステリーベスト10/国内部門*第1位『2018本格ミステリ・ベスト10』国内篇*第18回本格ミステリ大賞〔小説部門〕受賞作 神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介…

ポール・オースター『ムーン・パレス』(新潮文庫)

人類がはじめて月を歩いた夏だった。父を知らず、母とも死別した僕は、唯一の血縁だった伯父を失う。彼は僕と世界を結ぶ絆だった。僕は絶望のあまり、人生を放棄しはじめた。やがて生活費も尽き、餓死寸前のところを友人に救われた。体力が回復すると、僕は…

アス/Us

「ゲット・アウト」がアカデミー賞にノミネートされ、脚本賞を受賞するなど大きな話題を集めたジョーダン・ピール監督が、自分たちとそっくりの謎の存在と対峙する一家の恐怖を描いたサスペンススリラー。夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに…

ぼくのかんがえたフジロック2019タイムテーブル

気づけば前日!(というか前夜祭当日!)ということで、昨年もやったマイタイムテーブルをブログに上げようと思ったのですが、先週〜今週と仕事で大きな案件のピークを迎え、記事の制作ができませんでした!! そこで今回はアンオフィシャルなフジロックのタイ…

天気の子

「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困…

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム/Spider-Man: Far From Home

若手俳優のトム・ホランドが新たにスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じ、「アベンジャーズ」を中心とした「マーベル・シネマティック・ユニバース」の世界に参戦した「スパイダーマン ホームカミング」の続編。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世…

津原泰水『ヒッキーヒッキーシェイク』(ハヤカワ文庫JA)

2016年5月に幻冬舎より刊行された単行本を、紆余曲折の末に早川書房が2019年6月に文庫化した小説。 「人間創りに参加してほしい。不気味の谷を越えたい」ヒキコモリ支援センター代表のカウンセラーJJは、パセリ、セージ、ローズマリー、タイムという、年齢…

凪待ち

「孤狼の血」の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描くヒューマンサスペンス。「クライマーズ・ハイ」の加藤正人が脚本を手がけ、人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生を描く。無為な毎日を送っていた木野本郁男は、ギャンブルから足を洗い、恋人・…

新聞記者

「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務める社会派サスペンス。東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤をオリジナルストーリーで描き出す。東都新…

僕たちは希望という名の列車に乗った/Das schweigende Klassenzimmer

ベルリンの壁建設前夜の東ドイツを舞台に、無意識のうちに政治的タブーを犯してしまった高校生たちに突きつけられる過酷な現実を、実話をもとに映画化した青春ドラマ。1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトは、西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂…

カズオ・イシグロ『日の名残り』(ハヤカワepi文庫)

英国の日系人作家であり、ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの1989年刊行の長編小説。本書で世界的に権威のある文学賞、ブッカー賞を受賞。 格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出…

小笠原博毅、山本敦久『やっぱりいらない東京オリンピック』 (岩波ブックレット)を読んで

東京オリンピック・パラリンピックが抱える諸問題を徹底検証.市民がこうむる多大な負担,過度な重圧に晒されるアスリートたち,歪められるスポーツのかたち,そしてますます不自由になる社会…….「決まったものは成功させよう」という思考停止を抜け出し,…

ミヒャエル・ハネケ監督作品 ショート感想集

昨年観た『ハッピーエンド』で、「なぜ今までスルーしていたのだろう!」というくらいミヒャエル・ハネケ監督ドンピシャだったので、代表的な過去作をレンタルで鑑賞。 前回の『響け!』シリーズの記事同様、ショート感想集をお届けします。掲載は製作順。

「響け!」シリーズ劇場版 ショート感想集

京都アニメーションが制作した、弱小高校吹奏楽部が全国コンクールを目指す『響け! ユーフォニアム』シリーズの最新作が公開された。*1昨年公開された番外編とも言える『リズと青い鳥』をレンタルで視聴したところ、とてつもなく素晴らしい作品だったので劇…