海辺にただようエトセトラ

音楽や映画、本の感想をつらつらと。

「ないこと」の否定が「存在」へ繋がる--『バーニング 劇場版』の個人的な考察〈ネタバレあり〉

というわけで、考察というかネタバレ込みの感想記事を書いていきたいと思います。 概要紹介にとどめた、前回記事は下記から。 一応言っておきますが、ネタバレ全開の内容です。また、あくまで個人の解釈による文章となること、ご注意ください。 この映画は「…

バーニング 劇場版/Burning

「シークレット・サンシャイン」「オアシス」で知られる名匠イ・チャンドンの8年ぶり監督作で、村上春樹が1983年に発表した短編小説「納屋を焼く」を原作に、物語を大胆にアレンジして描いたミステリードラマ。アルバイトで生計を立てる小説家志望の青年ジョ…

天才作家の妻 40年目の真実/ The Wife

ベテラン女優グレン・クローズが、世界的作家の夫を慎ましく支えてきた妻に扮し、夫婦の絆や人生の意味とは何かを描いたヒューマンドラマ。主人公ジョーンを演じたクローズは第91回アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされ、クローズ自身にとって7度目のア…

ミスター・ガラス/Glass

M・ナイト・シャマラン監督がブルース・ウィリス&サミュエル・L・ジャクソン共演で送り出した「アンブレイカブル」のその後を描いたサスペンススリラー。同じくシャマラン監督作でジェームズ・マカボイ主演の「スプリット」とも世界観を共有する。フィラデ…

今日の1曲 #9-GEEK「Pipe dream」(2008年)

楽曲紹介は、非常に久しぶりの投稿です。まずは下記の曲をお聴きください。 今回は、MCのOKIとSEI-ONE、DJのEDOからなるヒップホップグループ、GEEKの2008年に発表した名曲をご紹介。

2018年 映画ベスト10 Part.2

前回(下記リンク)の続きです。

2018年 映画ベスト10 Part.1

今更な感じもありますが、昨年の映画のベスト10をまとめようと思います。今年の鑑賞数は106本。去年より10本ほど減りましたが、非常に素晴らしい作品の数々に出会えました。 一口に「映画」と言っても、スクリーンに映される映像には色々な種類があり、感じ…

日本のヒップホップベストアルバム in 2018 Pt.2

というわけで、前回の続きです。

日本のヒップホップベストアルバム in 2018 Pt.1

明けましておめでとうございます!年末年始はがっつりブログ更新も休んでのんべんだらりと過ごしていました。年始一発目のブログは、昨年よく聞いた国内のヒップホップアルバムを紹介していこうと思います。

シュガー・ラッシュ オンライン/Ralph Breaks the Internet

人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、アーケードゲームのキャラクターである悪役ラルフと少女ヴァネロペの冒険と友情を描いたディズニーアニメ「シュガー・ラッシュ」の続編。好奇心旺盛なレーサーでプリンセスのヴァネロペと、心優しい悪役キャ…

ヘレディタリー 継承/Hereditary

家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。祖母エレンが亡くなったグラハム家。過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持ってた娘のアニーも、夫、2人の子どもたちとともに淡々と葬儀を執り行った。祖…

斬、

「野火」「六月の蛇」の塚本晋也監督が、池松壮亮と蒼井優を迎えて描いた自身初の時代劇。250年にわたって続いてきた平和が、開国か否かで大きく揺れ動いた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄される浪人の男と周囲の人々の姿を通し、生と…

ハード・コア

山田孝之と佐藤健が兄弟役を演じ、作・狩撫麻礼、画・いましろたかしによる伝説的コミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を実写映画化。山田が主演のほかに自らプロデュースも務め、「映画 山田孝之3D」などでも組んだ山下敦弘監督がメガホンをとる。…

ヴェノム/Venom

スパイダーマンの宿敵として知られるマーベルコミックの人気キャラクター「ヴェノム」を、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ダンケルク」のトム・ハーディ主演で映画化。サム・ライミ監督作「スパイダーマン3」にも敵として登場したヴェノムを、「ゾ…

tofubeats 『RUN』

トラックメイカーであり、シンガーでもあるアーティストのメジャー4作目。2018年10月発売。 M-1. RUNM-2. skitM-3.ふめつのこころM-4. MOONLIGHTM-5. YOU MAKE ME ACIDM-6. RETURN TO SENDERM-7. BULLET TRNM-8. NEWTOWNM-9. SOMETIMESM-10. DEAD WAXM-11. R…

アンダー・ザ・シルバーレイク/Under the Silver Lake

「イット・フォローズ」で世界的に注目を集めたデビッド・ロバート・ミッチェル監督が、「ハクソー・リッジ」「沈黙 サイレンス」のアンドリュー・ガーフィールド主演で描いたサスペンススリラー。セレブやアーティストたちが暮らすロサンゼルスの街シルバー…

「他者(女性)を理解する」こと/『ペンギン・ハイウェイ』と『寝ても覚めても』を観て

今年は、個人的に思い出深い小説が次々と映画化された年として印象に残りそうだ。 『パンク侍、斬られて候』『ペンギン・ハイウェイ』『寝ても覚めても』『ここは退屈迎えに来て』……まだ未公開のものもあるが、それぞれが原作の良さを理解し、意味のある映像…

カメラを止めるな!

※いつも通りあらすじを「映画.com」より引用していますが、極力前情報抜きで見てもらった方が面白いと思います。ですので、未見の方は回れ右して拡大公開中のシネコンにGO! 映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾と…

音楽フェスティバルとSNS(ネット)のコミュニケーションについて

ブログでも書きましたが、今年はフジロックとサマーソニックという、2大洋楽(中心の)音楽フェスに行くことができ、大変充実した夏になりました。参加した身としては、SNSを中心としたネットでの両イベントに関する話題も当然気になる。 そんなわけで、イベ…

野外フェス初心者が感じた、フジロックいるものリスト

前回の記事で雑多な感想は書いたのですが、いざ読み返すと 特に、来年以降フジロックへの参加を検討されている方の参考になればと思います。 と書いてあるのに、たいして参考にならない記事だなという感じを受けました。 ということで、ネットによくありがち…

FUJI ROCK FESTIVAL'18に行ってきました/ちょっとした備忘録

前の記事(※下記リンク参照)で書いたように、平成最後のフジロックフェスティバルに行ってきました。 結論から言うと、すごい楽しかったです。 正直参加前は、 「山の天気は読みづらい」「大雨の後、“地面が田んぼ”はヤバい」「ゆとりの潔癖症には無理」「…

ぼくのかんがえたサマーソニックタイムテーブル【8月19日編】

苗場の天気を見てみましたが、いまんとこフジロック始まった瞬間に雨やんけ!(降水量90パーって!!)自称晴れ男、というか雨が死ぬほど嫌いな男として、これは見過ごせない状況です。高めのポンチョが効果を発揮してくれることを願って…。 −−閑話休題、かれ…

PS4『Detroit: Become Human』をプレイして

『HEAVY RAIN』や『BEYOND』といった「映画的なアプローチのゲーム」制作が特徴的なフランスのスタジオ、「クアンティック・ドリーム」の開発した最新作、『Detroit: Become Human』が非常に面白かったので紹介します。

ELLEGARDEN復活ツアーのゲストアクトがONE OK ROCKに決定!(だけどOORほとんど知らない)

なんと、青春時代に聴き倒していた「ELLEGARDEN」が復活ツアー!んでもって、そのゲストアクトが「ONE OK ROCK」! ということで、ネット中心にかなり盛り上がっているようです。*1 *1:改めてチケット代の破格具合にびっくり。

ぼくのかんがえたフジロックタイムテーブル【7月29日編】

*1 前回の記事に続き、3日目の予定を妄想。というか改めてマップを見ると、音楽ステージ以外もいろんなアトラクションが充実しているんですね。「アンフェアグランド」とか結構面白そう。 *1:こんなに飯エリアがあるらしいけど、「それより松屋置いて欲しい…

ぼくのかんがえたフジロックタイムテーブル【7月28日編】

去年のサマソニでやったやつ*1の、フジロック版です。 *1:ちなみに、全く記事の通りに回ってません。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法/The Florida Project

全編iPhoneで撮影した映画「タンジェリン」で高く評価されたショーン・ベイカー監督が、カラフルな風景の広がるフロリダの安モーテルを舞台に、貧困層の人々の日常を6歳の少女の視点から描いた人間ドラマ。定住する家を失った6歳の少女ムーニーと母親ヘイリ…

焼肉ドラゴン

「血と骨」など映画の脚本家としても活躍する劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲「焼肉ドラゴン」を映画化。高度経済成長と大阪万博に沸く1970年代。関西のとある地方都市で小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む夫婦・龍吉と…

万引き家族

「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。2018年・第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、日本映画としては1997年の「うなぎ」以来21…

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル/I, Tonya

アメリカ人のフィギュアスケート女子選手として初めてトリプルアクセルに成功し、1992年アルベールビル、94年リレハンメルと2度の冬季五輪にも出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役で一…