海辺にただようエトセトラ

音楽や映画、本の感想をつらつらと。

アンダー・ザ・シルバーレイク/Under the Silver Lake

「イット・フォローズ」で世界的に注目を集めたデビッド・ロバート・ミッチェル監督が、「ハクソー・リッジ」「沈黙 サイレンス」のアンドリュー・ガーフィールド主演で描いたサスペンススリラー。セレブやアーティストたちが暮らすロサンゼルスの街シルバー…

「他者(女性)を理解する」こと/『ペンギン・ハイウェイ』と『寝ても覚めても』を観て

今年は、個人的に思い出深い小説が次々と映画化された年として印象に残りそうだ。 『パンク侍、斬られて候』『ペンギン・ハイウェイ』『寝ても覚めても』『ここは退屈迎えに来て』……まだ未公開のものもあるが、それぞれが原作の良さを理解し、意味のある映像…

カメラを止めるな!

※いつも通りあらすじを「映画.com」より引用していますが、極力前情報抜きで見てもらった方が面白いと思います。ですので、未見の方は回れ右して拡大公開中のシネコンにGO! 映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾と…

音楽フェスティバルとSNS(ネット)のコミュニケーションについて

ブログでも書きましたが、今年はフジロックとサマーソニックという、2大洋楽(中心の)音楽フェスに行くことができ、大変充実した夏になりました。 参加した身としては、SNSを中心としたネットでの両イベントに関する話題も当然気になる。そんなわけで、イベ…

野外フェス初心者が感じた、フジロックいるものリスト

前回の記事で雑多な感想は書いたのですが、いざ読み返すと 特に、来年以降フジロックへの参加を検討されている方の参考になればと思います。 と書いてあるのに、たいして参考にならない記事だなという感じを受けました。 ということで、ネットによくありがち…

FUJI ROCK FESTIVAL'18に行ってきました

前の記事(※下記リンク参照)で書いたように、平成最後のフジロックフェスティバルに行ってきました。 結論から言うと、すごい楽しかったです。 正直参加前は、 「山の天気は読みづらい」「大雨の後、“地面が田んぼ”はヤバい」「ゆとりの潔癖症には無理」「…

ぼくのかんがえたサマーソニックタイムテーブル【8月19日編】

苗場の天気を見てみましたが、いまんとこフジロック始まった瞬間に雨やんけ!(降水量90パーって!!)自称晴れ男、というか雨が死ぬほど嫌いな男として、これは見過ごせない状況です。高めのポンチョが効果を発揮してくれることを願って…。 −−閑話休題、かれ…

PS4『Detroit: Become Human』をプレイして

『HEAVY RAIN』や『BEYOND』といった「映画的なアプローチのゲーム」制作が特徴的なフランスのスタジオ、「クアンティック・ドリーム」の開発した最新作、『Detroit: Become Human』が非常に面白かったので紹介します。

ELLEGARDEN復活ツアーのゲストアクトがONE OK ROCKに決定!(だけどOORほとんど知らない)

なんと、青春時代に聴き倒していた「ELLEGARDEN」が復活ツアー!んでもって、そのゲストアクトが「ONE OK ROCK」! ということで、ネット中心にかなり盛り上がっているようです。*1 *1:改めてチケット代の破格具合にびっくり。

ぼくのかんがえたフジロックタイムテーブル【7月29日編】

*1 前回の記事に続き、3日目の予定を妄想。というか改めてマップを見ると、音楽ステージ以外もいろんなアトラクションが充実しているんですね。「アンフェアグランド」とか結構面白そう。 *1:こんなに飯エリアがあるらしいけど、「それより松屋置いて欲しい…

ぼくのかんがえたフジロックタイムテーブル【7月28日編】

去年のサマソニでやったやつ*1の、フジロック版です。 *1:ちなみに、全く記事の通りに回ってません。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法/The Florida Project

全編iPhoneで撮影した映画「タンジェリン」で高く評価されたショーン・ベイカー監督が、カラフルな風景の広がるフロリダの安モーテルを舞台に、貧困層の人々の日常を6歳の少女の視点から描いた人間ドラマ。定住する家を失った6歳の少女ムーニーと母親ヘイリ…

焼肉ドラゴン

「血と骨」など映画の脚本家としても活躍する劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲「焼肉ドラゴン」を映画化。高度経済成長と大阪万博に沸く1970年代。関西のとある地方都市で小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む夫婦・龍吉と…

万引き家族

「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。2018年・第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、日本映画としては1997年の「うなぎ」以来21…

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル/I, Tonya

アメリカ人のフィギュアスケート女子選手として初めてトリプルアクセルに成功し、1992年アルベールビル、94年リレハンメルと2度の冬季五輪にも出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役で一…

パティ・ケイク$/Patti Cake$

困難な状況に置かれながらもラップで成功を収めようと奮闘する女性を描き、サンダンス映画祭で話題を集めた青春音楽ドラマ。ニュージャージーで飲んだくれの母や車椅子の祖母と3人で暮らす23歳のパティは、憧れのラップ歌手O-Zのように音楽で成功して地元か…

ザ・スクエア 思いやりの聖域/The Square

「フレンチアルプスで起きたこと」で注目されたスウェーデンのリューベン・オストルンド監督が、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したヒューマンドラマ。アート界で成功を収めた男性がさまざまなトラブルに見舞われる様子をエレ…

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー/Avengers: Infinity War

「アイマンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」などマーベルコミック原作で、世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する各作品からヒーローが集結するアクション大作「アベンジャーズ」シリーズの第3作。アイマンマン…

レディ・プレイヤー1/Ready Player One

スティーブン・スピルバーグ監督が、アーネスト・クラインによる小説「ゲームウォーズ」を映画化したSFアクション。貧富の格差が激化し、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年。世界中の人々がアクセスするVRの世界「OASIS(オアシス)」に入り、理想の人生…

心と体と/Testrol es lelekrol

長編デビュー作「私の20世紀」でカンヌ国際映画祭カメラドール(最優秀新人監督賞)を受賞したハンガリーの鬼才イルディコー・エニェディが18年ぶりに長編映画のメガホンをとり、「鹿の夢」によって結びつけられた孤独な男女の恋を描いたラブストーリー。ブ…

きみへの距離、1万キロ/Eye on Juliet

「魔女と呼ばれた少女」で第85回アカデミー外国語映画賞にノミネートされたカナダの新鋭キム・グエン監督が、地球の反対側で暮らす男女が監視ロボットを通じて出会う運命の恋を描いたラブストーリー。北アフリカの砂漠地帯にある石油パイプラインで石油泥棒…

AA=『(re:Rec)』

ロックミュージシャン、上田剛士のソロユニット、AA=(エーエーイコール)の6thアルバムにして、再録ベストアルバム。2018年4月4日発売。 〈Track List〉 01. LOSER02. 2010 DIGItoTALism03. posi-JUMPER04. KILROY WAS HERE05. WORKING CLASS06. GREED…07. …

今日の1曲 #8 BAD HOP『Kawasaki Drift』

久々に更新。 川崎出身のヒップホップクルー、「BAD HOP」の最新曲。2018年4月5日にYouTubeにて公開。 www.youtube.com

ハッピーエンド/Happy End

「白いリボン」「愛、アムール」の2作連続でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した名匠ミヒャエル・ハネケが、難民が多く暮らすフランス北部の町カレーを舞台に、不倫や裏切りなどそれぞれに秘密を抱えた3世代の家族の姿を描いた人間ドラマ。建設会社を経…

ヤなことそっとミュート『2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ』

オルタナ、グランジなどのロックサウンド上で歌う女性アイドルグループ「ヤなことそっとミュート(ヤナミュー)」の、2017年12月22日に赤坂BLITZにて行われた2回目のワンマンライブの音源。2018年3月28日より配信のみでリリース。 〈Track List〉01.Just Bre…

2018年3月に聴いた音楽

いつの間に月末。ということで恒例の記事です。今月はかなり良い作品ばかり出ていて、後半に出たものはまるで聞き込み不足のため、3月前半以前に出たものばかりのご紹介です。

フレンチアルプスで起きたこと/Turist

フランスのスキーリゾートにやってきたスウェーデン人家族の状況が、ある事件をきっかけに一変する様をブラックユーモアを交えて描いたドラマ。2014年・第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞するなど、各国の映画祭や映画賞で高い評価を…

「あいのり Asian Journey」を見終えて

ものすんげードススメ(←オススメの最上級)番組です。 ①はじめに−−「偏見」はよくない ②恋愛要素が少ない ⅰカップルがほとんど成立しない ⅱ「お国事情紹介」がかなり勉強になる ③「やらせ」は「やらせ」として見せる ④メンバーのキャラが良い ⑤MC陣が良い

the chef cooks meのライブレポートについて

色々と書き連ねていたら、とんでもない長文になってしまいました。お暇な方だけ、お目通しください。はじめに言っておきますが、大したこと書いていません。 はじめに ことの経緯 執筆まで レポートについて 感謝を 最後に-特に、シェフのファンの皆さんへ

彼の見つめる先に/ Hoje Eu Quero Voltar Sozinho

ブラジル・サンパウロを舞台に、思春期の若者たちの揺れ動く感情をみずみずしく切り取った青春ドラマ。世界各地の映画祭で話題を呼んだ2010年の短編映画「今日はひとりで帰りたくない」を、監督のダニエル・ヒベイロ自身が同じキャストを起用して長編映画化…